日本のものつくり現場を取材するメディア

Monotsuku(モノツク)

【予告編①30秒】VTuberツクモミルがCOMETsからデビュー!

【予告編①30秒】VTuberツクモミルがCOMETsからデビュー!

YouTube動画

ツクモミル/TsukumoMillのプロフィール

自己紹介

ミル
オイッス! VTuverのツクモミルだよ〜!
オイッス!僕はミルのサポート役”ウスキチ”ッス!
ウスキチ
ミル
まずは自己紹介!
ツクモミルのビジュアルイメージ

ツクモミル(TsukumoMill)は日本のものつくりを発信するVTuber。元は伊勢の石臼に魂が宿った「つくも神」。
おしゃれなペッパーミルをみたことがきっかけで、ものづくりに興味をもちはじめた。趣味は工場の夜景をみること。
Youtubeチャンネル→コチラ
OKOSUMO「COMETs」所属。
石臼だった頃の誕生日:康保2年(西暦965年)2月4日

ミル
「九十九」の別の読み方が、私の「ツクモ」の由来と間違えやすいけど、本当はモノに宿る精霊、 「つくも神」からきてるんだよ〜👋
僕もつくも神ってことっすね!ちなみに、つくも神界隈では、ミルは昔、相当な暴れん坊だったって噂も・・・
ウスキチ
ミル
そのお話はまた今度しようよ〜😖

ツクモミルのコメント

ミル
実は私、ツクモミルは、今年4月にVTuberの事務所「COMETs」からデビューすることになったんだ!😲
ミル
ゲームや歌をだけじゃなくて、「ものづくりの素晴らしさ」も発信したいと思ってるんだ!
ちまたでは「モノ離れ」といわれているけど、ものづくりに触れる体験も大事ッスね〜
ウスキチ

ミル
というわけで、今は色々なところを撮影したり、取材したりしてコンテンツをためている最中なの!

デジタルクリエイタープロダクション「COMETs」とは?

ミル
この次は、私がデビューすることになったプロダクションのご紹介!

COMETsとは、2020年1月に「OKOSUMO」が立ち上げた 「デジタルクリエイタープロダクション」ブランドです。

2018年以降、バーチャルライバーやバーチャルYoutuberのように”日常生活と異なるジブン”を表現する動きが増加しています。バーチャルYoutuber専門のプロダクションや、ライブ配信専用アプリのように、クリエイターを支援する基盤も整いつつあります。

COMETsが「デジタルクリエイタープロダクション」として実現しようとしていることは、大きく分けて次の3点です。

1.”バーチャル”ではなく”デジタル”

一般的に、私たちが行おうとする活動は、「バーチャル◯◯」と呼ばれますが、 COMETsでは、「デジタル◯◯」という整理をしています。

たとえば、VTuberには、それぞれに「魂」とよばれるクリエイターの人格が宿っています。無名の「魂」を人気の「魂」と入れ替えたことで、視聴者との信頼関係に揺らぎが生じてしまう例もあるほどです。

バーチャルYoutuberといえども、現実の「人格」が宿っていることに変わりはありません。そのため、「現実(リアル)の対義語である「バーチャル」という整理は本質的ではないとCOMETsは考えています。

人間とVTuberは「リアル」と「バーチャル」の対比ではなく、本質的には、「アナログ」と「デジタル」で対比されるべきものであるとCOMETsは考えています。

(ただし、COMETsでは、”バーチャル”という呼び名が広く親しまれているという背景を鑑みて、その呼び名を尊重します。COMETsのコンテンツでも、バーチャル〇〇として外部に露出する可能性もあります。)

2.複数のプロモーション戦略を統合

COMETs2つ目の特徴として、所属クリエイターには「YouTubeやLIVE配信」以外の活動の場も設けられていることがあります。

動画やライブ配信は、確かに多くの方にとってアクセスしやすく・親しみやすい媒体です。しかし、クリエイターの能力が発揮される場は 動画だけではなく、写真であったり、活字であったり、音声であったり様々と思われます。

COMETs所属クリエイター第一号となる”ツクモミル”は、日本のものづくりを発信する手段として、Youtubeチャンネルだけでなく、本サイト”MONOTSUKU”での情報発信もプロモーション戦略の一環として取り入れています。

YouTubeなど、特定のプラットフォームに依存しすぎない体制を構築することで、プロダクションの持続可能性も加味した運営体制を構築します。

3.現実(リアル)と融合した、独自性の高いコンテンツ

COMETs3つ目の特徴は、コンテンツの内容が必ずしもバーチャル世界で完結するものだけではないことにあります。

COMETsでは、デジタルクリエイターがデジタル化した人格をもって世界に発信していくために、現実にあるモノや体験を重視します。ゲームや歌といったコンテンツももちろん取り扱う想定ですが、 これらのカテゴリはすでに競争が激しく・不確実性の高い分野です。

そこで、COMETsでは、リアルの体験や活動と親和性の高いカテゴリで活動を行う方針です。この方針は、「バーチャル◯◯」という 現実との対比から、現実のなかでアナログと対比される「デジタル ◯◯」を実現するというミッションにも適合的です。

Vtuber等のデジタルクリエイターオーディションも実施中

COMETsでは、Vtuber・バーチャルライバー・デジタルクリエイターを志望する方のオーディションも随時実施しております。興味のある方は、下記のお問い合わせ情報からご連絡ください。

ミル
私たちと一緒に、新しい”ジブン”を見つけない?

本件に関するお問い合わせ

Twitterまたはホームページからお問い合わせください。

古田 拓也(Takuya Furuta)

COMETs ゼネラル・プロデューサー

デジタルクリエイタープロダクション「OKOSUMO COMETs」ゼネラル・プロデューサー。「ツクモミル」マネージャー。中央大学法学部卒業後、Finatextにて金融サービス開発者として勤めつつ、身近な生活やものづくりに関する面白い話を広めるための活動を行なっている。1級FP技能士・FP技能士センター正会員。執筆メディア:講談社「マネー現代」,ITmediaなど
ミル
というわけで、今は色々なところを撮影したり、取材したりしてコンテンツをためている最中なの! しばらくの間待つべし! バイッス✌️
春のリリースが待ち遠しいッスね!バイッス✌️
ウスキチ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ツクモ ミル / Tsukumo Mill

日本のものつくりを発信するVTuber。元は伊勢の石臼に魂が宿った「つくも神」。おしゃれなペッパーミルをみたことがきっかけで、ものづくりに興味をもちはじめた。趣味は工場の夜景をみること。 Youtubeチャンネル→(-) OKOSUMO COMETs所属

Copyright © Monotsuku(モノツク), 2019 ~ 2020 All Rights Reserved