日本全国の工場見学情報が集まるメディア

Monotsuku(モノツク)

都内でお気軽ビール工場見学!サントリーの武蔵野工場に行ってみよう!

お子さま連れでも楽しめるサントリー/武蔵野ブルワリー
ミル
オイッス!「ものつく」の編集長、「ツクモミル」だよ〜!
オイッス!編集部の「ウスキチ」ッス!
ウスキチ
ミル
今回は、東京都にあるビールの工場!✏️
工場といえば郊外にあるイメージッスが、都内でお気軽に見学できる大きなビール工場はここだけっすよ〜!
ウスキチ

サントリーの工場見学について

国内大手のビール工場で、珍しく都内にあるのがサントリーの武蔵野工場です。人気のプレミアムビールである、「ザ・プレミアム・モルツ」生誕の地でも名を馳せています。

20歳を越えているカップルでしたら、お金を費やさないデート・スポットとしてもバッチリです。見学には、「インターネット」または「電話」での予約が必要です。2名〜4名程度の構成であればギリギリでも予約はしやすいです。ちなみに、当日席があいていれば、予約なしでも間際でも参加ができます。お一人様でも、もちろん参加いただけます。

武蔵野ブルワリーはお一人さまでも楽しめる工場見学だ
武蔵野ブルワリーはお一人さまでも楽しめる工場見学だ

この度、訪問させて頂いた時には、若い女性お一人での参加者様もおりましたし、中年の方もエンジョイしておられました。サントリービールの工場見学は、九州熊本工場、京都ブルワリーでも実施しております。サントリーのビール工場でも、当該の工場で生産している商品の製造を見学できるコースも見られます。

それでは、今回は東京・武蔵野の東京武蔵野ブルワリーにてお伝えさせていだだきます。

東京武蔵野ブルワリーの工場見学情報

東京武蔵野ブルワリーについては、分倍河原駅(京王線・JR南武線)のバスロータリーから、サントリー武蔵野工場に亘って「無料送迎バス」も運行されています。バスの予約は必要ではありませんが、バス停に先着での乗車となります。無料送迎バスの中は飲食禁止です。

出発時間の3分前くらいにバス停に、サントリーの大型バスが入ってきます。

なお、クルマで直接サントリーの武蔵野工場に足を運ぶこともできます。正門にいる警備員さんに声掛けすると、敷地内の無料駐車場をアナウンスしてくれます。ただし、運転者さんは、ビールの試飲はできません。ロビーについたら、代表者ひとりが受付にて待機しているため、名前を申し出ていただければ問題ありません。

行く人が変わっても、人数に変更がないならば、連絡しての変更は必要ではありません。
ただし、人数が変わった状態になっているときは、行く前に、是非とも電話してお伝えしましょう。
最初はビール試飲する予定がチェンジして、飲まないことにしても、当日中に、申し出れば良いです。

時間になると、係員さんの案内に則って3階にエレベーターで上がり、ガイドツアーのスタートです。
見学中はトイレに行けませんので、それより先に済まして置いてください。

見学の際の禁止事項は次のとおりでした。

・工場の敷地内では飲食禁止です。衛生管理上の視点から食べ物や携行したドリンクだけでなく、飴・ガムなどもNGです。
・子供さん達や未成年者だけでの来場はできません。保護者の同伴が必要不可欠です。
・補助犬は同伴可能ですが、それ以外のペット等の入場はできません。
・係員さんが案内してある間は、静かにして頂きたいと、繰り返し説明がありました。
・動画は全工程撮影できませんが写真は係員さんがNGと言った場所以外で可能です。

仕込工程では、地下水を用いた仕込設備を傍らで見学でき、釜の中も窓から見ていただけます。
しかしながら、ここは気温38℃と温度が高いです。その他のメーカーさんのほとんどは、水道水でビールを作っていますが、サントリーは全て天然水です。3本の井戸があるとのことです。

2005年には、「ザ・プレミアム・モルツ」がモンドセレクションで国産ビール製品初の最高金賞を受賞し、3年連続でその地位を維持しました。

ビールの試飲

ガイドツアーの終わりには、ビールの試飲があり、あまり知らない美味しい飲み方も伝授してもらうことが可能です。まずは、サントリービールの「ザ・プレミアム・モルツ」が1杯(約400cc)が振舞われます。そして、ビールを頂きながら、美味しい飲み方を教わります。当該の説明が終わったら、2杯目のおかわりができます。

beer-image
ビールの試飲イメージ

2杯目は「〜ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム」を賞味しました。3杯目も貰いたいところでしたが、試飲時間は約15分程度ですし、おなかがいっぱいになり、2杯で諦めています。

今回足を運んだ時には、あと「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」「〜ザ・プレミアム・モルツ〜マスターズドリーム」と3種類ありまして、2杯目からはどれもこれもおかわりできるようになっていました。自動車や自転車の運転をされる方には、ノンアルコールビール「サントリーオールフリー」か、なっちゃん(ソフトドリンク)をいただくことができます。

20歳未満の方はなっちゃんと、ビスケットが試食できるため、お子様と同伴での見学も安心です。そして、最初のロビーに移動すると、送迎バスの出発まで、約20分程度の時間がありますので、お土産物などの買い付けができます。工場見学にかかる時間ですが、分倍河原駅にて無料送迎バスの乗車する時間からすると、2時間15分の所有時間でした。

基本情報

社名東京・武蔵野ブルワリー オフィシャルサイト
所在地〒183-0025 東京都府中市矢崎町3−1
電話番号042-360-9591
見学可能日年末年始、工場休業日をのぞく毎日
料金無料(予約制)
アクセス・電車:京王線「分倍河原駅」下車→無料シャトルバス
備考定員は40名。製造工程の見学時にはオーディオアプリ(無料)によるガイドが利用可能
内容ガイドツアー
素材・製法の紹介・仕込み設備の見学・貯蔵タンクの見学
無料試飲:
・ザ・プレミアム・モルツ
・ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール
・ザ・プレミアム・モルツ~マスターズドリーム

ミル
あ〜楽しかった〜!わたしはなっちゃんを飲んだけど、ビールが好きな人にはもっとたまらないかも!
無料でプレミアムモルツの試飲ができるのも嬉しいッスね!
ウスキチ
ミル
家族連れでも楽しめるのは素敵だね✨👍
ミル
次回もお楽しみに!バイッス🏌️‍♀️
バイッス🏌️‍♀️
ウスキチ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ツクモ ミル / Tsukumo Mill

日本のものつくりを発信するVTuber。元は伊勢の石臼に魂が宿った「つくも神」。おしゃれなペッパーミルをみたことがきっかけで、ものづくりに興味をもちはじめた。趣味は工場の夜景をみること。

Copyright © Monotsuku(モノツク), 2019 ~ 2020 All Rights Reserved